木村様 (北海道)
Cherokee

コイツとなら走れる!自信をくれたCherokee

砂利道、雪道、長距離運転……すべてを受け止めるパワー

「住まいが北海道の田舎にあるので、雨が降れば砂利の流れる坂道を、冬は雪の吹き溜まった道を走る、ということがしばしば。春や夏も、広い道内では長距離移動をすることが多いんです」

そう話す木村さんが、初めてのSUVとしてCherokeeを手に入れたのは、3年ほど前。共に過ごせば過ごすほど、うれしい驚きの連続だという。たとえタイヤの半分が雪に埋まろうともパワーで跳ね返し、長距離運転でも疲れ知らず。
「乗り心地が好みで、スポーティーさを感じさせつつも、堅苦しくなく気楽。休日の遠出もですが、ちょっとそこまでの外出も、まったく苦ではなくなりました」

Swiper01

タイヤが埋まりそうな雪道もラクラク。「このパワーには圧倒されます」と木村さん

Swiper02

雪煙を上げながらも、たくましく走る後ろ姿

運転のしやすさを語る上で、木村さんが欠かせないと話すのが、搭載されたセレクテレイン™システム。ダイヤルを回して切り替えると、雪道や凍結路、ぬかるみや砂地など、路面状況に合わせた走りへとモード変換ができる。

「まさに、安心安全。以前なら『これは無理かな』と諦めていた道も、今なら『コイツが一緒なら大丈夫』と自信を持って走れるようになりました」

現に奥様のクルマでは心もとない気候のときは、奥様がCherokeeを運転することも。
「大きくてパワフル……そんなイメージで運転してみたら、車体の大きさを感じさせないハンドルの軽さに驚きました」と奥様。愛猫の猫砂などで大荷物になりがちな買い物のときも、収納力があるため、容量を気にする必要もなくなったとか。機能面の優秀さに、ふたりとも随分惚れ込んでいるようだ。

Swiper01

キャットハウスなどの大きな買い物をしても、シートを倒して積めば対応できる安心感

Swiper02

木村さんが「本当に頼りになる」と話すセレクテレインシステム

慎重にこだわるオーナーに訪れた、初めての一目惚れ

木村さん宅は、まるで景色にリビングが溶け込んだような大きな窓が印象的。周りを見れば愛猫のキャットウォーク、ホームシアター、コレクションしているカメラなど、インテリアから持ち物に至るまで、吟味し選ばれていることがよくわかる。

聞くとやはり、モノを選ぶ時はとことん時間をかけてリサーチし、シミュレーションした上で購入しているそう。

「でもひとつだけ例外があります。それが今の愛車です」

実はこのクルマ狙いでディーラーへ足を運んだわけではなかったという木村さん。しかし一目見た瞬間、顔とヘッドライトの印象に「これだ!」と心に響くものがあったと言う。
「不思議ですが、その直感は正しかったと思います。車内の空間も広くて落ち着きますし、見た目も乗り心地も好みでしたから」

Swiper01

こだわりの詰まったマイホームで愛車を眺めながら、次のドライブ旅の予定を計画中

Swiper02

木村さんが一目で気に入ったという、LEDのヘッドライト

趣味のカメラの世界をより広げた愛車の存在

木村家に飾られたカメラは、フィルムカメラや一眼レフなど7種。奥様も写真が好きで、一時はフィルムカメラでの撮影にどっぷりのめり込んでいたとか。そんな夫婦共通の趣味の世界にも、愛車が大きな影響をもたらしていた。

photo

趣味のカメラをディスプレイ。気軽に持ち歩ける旅行用や猫撮影用などと使い分けているそう

「家で愛猫へカメラを向けたり、旅先で歩きながら風景を撮ったり、スナップ写真を撮ることが多いです。Cherokeeが我が家に来てからは行動範囲が拡大したので、撮る景色の幅も広がりました」

以前より長距離移動が楽しくなり、アクティブになったというふたりの行き先は、旭山動物園や大雪山、札幌や旭川でラーメン、積丹半島でウニ丼といったグルメ旅まで。積丹半島に10時頃到着できるよう朝5時に家を出る、そんな早起きのドライブ旅を満喫できるのも、快適にサポートしてくれる愛車があるからこそ。

Swiper01

「愛車を手に入れてから、夫婦ともにフットワークが軽くなりました」と木村さん

Swiper02

家には3匹の愛猫が。こうして猫と遊びながら、写真を撮るのが日常

そして、木村さんがカメラの趣味を深めたもう一つの要素が、被写体としての愛車だ。

「ある日、降り出した大雨の中で力強く先を見つめる愛車の姿にインスピレーションを刺激され、思わずシャッターを切りました。勇敢で懐の深い相棒の印象を表現できたらと。ずぶ濡れになり辺りを走り回りながら、夢中で撮ってしまいましたね」

童心に呼びかけるような、“撮りたい”の気持ちを引き出したCherokee。その写真が、今回のフォトコンテストで見事優秀作品に選ばれたのだ。

撮影地へ連れて行ってくれるツールとして、被写体として、趣味の可能性を無限に広げてくれる、かけがえのない存在となっている。

泥地からフォーマルまで。シーンを選ばない包容力

「大自然の中で、麦やビートを作る農家を営んでいます」。
木村さんの職業は農家。それに加えて、自然に囲まれた大地での生活は、カジュアルな服装で過ごすことが多い。雨風や気候の影響を受けやすい土地に、アウトドアライフ向きの愛車が当然のように似合っている。

「かと思えば、仕事でスーツを着る日や冠婚葬祭に招かれたシーンでも、このクルマは違和感なく馴染んでくれます。洗練されたデザインのおかげですね」
スポーティーでパワーのある走りと、フォーマルな装いにもマッチする品格あふれる佇まい。相反するようで、共存している二面性も大きな魅力だと、木村さんは微笑む。

「どんな場所、どんなシーンでも一緒に出かけたくなるし、前向きな自信をくれる。このクルマは本当に、自分にとって最高の相棒です」

Swiper01

「コーヒーを飲んで行こうか」「次はどこへ行く?」そんな会話のそばには、いつもCherokeeがいる

Swiper02

カメラの腕を買われ、ホテルウェディングの写真撮影をしていた経歴も。格式ある「北海道ホテル」、スーツスタイルにも愛車がマッチ

Swiper03

普段は農家として働く木村さん。広大な敷地を耕す、もう一台の相棒はトラクターだ

2019 Real Photo Contest 優秀作品に選ばれた木村様の作品

photo

審査員コメント

写真家 前川貴行

「印象的なヘッドライトの造形とフォグランプを主役にすることにより、愛車の存在感をダイナミックに表しています。シャドーとなった車体ですが、背景の光源がエッジを浮き上がらせることによってディテールが表され、降りしきる雨も克明に描写している。凍てつく大気のタフな状況の作り方がとてもよく考えられていて、なおかつ車の雰囲気にマッチしています。流れる降雨の軌跡がポイントとなり、画面に動きを与えていますね」。

インスタグラマー 宮瀬浩一

「降りしきる雨の闇に静かに佇むチェロキー。逆光で捕らえ、雨粒の輝きと車体のシルエットを強調した撮影テクニックが秀逸です。欲張って車体を広く入れず、精悍なフロントフェイスのLEDライトを大胆な構図で切り取ったことで空間の対比が生まれ、シンプルでパワフルな作品に仕上がっています。この雨の中での撮影は大変だったのでは? 苦労が身を結んだ素晴らしい作品」。

ホーム > Real People > Realストーリー2020