この写真のエピソード

敬愛する兄貴分との年に数回のソロ&ソロキャンプ。底冷えのする2月の山中、日中は焚き火を囲み、夜は鍋を囲んでいたずらに盃をあげて夜が更ける。翌朝、二日酔いのままテントの外に出ると一面の銀世界。ここまで積もると思っていなかっただけに撤収や下山はどうするのか一瞬焦るも、2台のJEEPにもしっかり雪が載り、それでいて一目でそれとわかるシルエットに二人して、もう笑うしかない・・・。雪が溶けるまでゆっくりコーヒーでも沸かして待つことにした。