この写真のエピソード

猛暑の中の花火大会へ出かけた帰り道に立ち寄った、開通間もない第二名神の鈴鹿パーキングでの夕暮れ。お盆の時期なので大型トラックも停まっいてなく広く空いた駐車場に風が流れ、真夏にもかかわらず涼しい風を感じました。星が見えるほど空は暗くは無いですが三日月が照明に負けず輝いていたのが印象的でした。