あなたにとっての“Jeep®と本気で楽しむ瞬間”は?

荒れた凸凹道のラインを読んで何事もなく乗り越えたとき。