鈴木大智さん2016 Jeep® Wrangler Unlimited Sport

目的地のないドライブすら楽しい。
Jeep®と挑むスノードライブ。

自分の好きなクルマに乗りたい!

これまでクルマは単なる移動手段としか考えてなかったという山形県在住の鈴木さん。結婚を機に乗り換えることとなり、それなら自分の好きなのに乗ろうと本格的なクルマ選びを開始することとなった。そんな候補の中に入っていたのが、Jeep®だったそう。いろいろと試乗した結果、Wrangler Unlimitedを選んだのはなぜだったのだろうか。
「試乗してみて一番驚いたのは、乗り心地の良さでした。もっとワイルドなのを想像していたのでいい意味で裏切られました」ちなみに最終的には奥様の幸枝さんが気に入って唯一購入許可を出したのがこのWrangler Unlimitedということもあり、新婚の鈴木家にJeep®がやってきた。

夫婦揃ってJeep®を楽しむ。

現在住んでいる山形は雪も多く、冬場は雪の上を走ることが日常茶飯事という鈴木さん。しかし市街地の雪程度ではまったく問題にならないという。「スタッドレスを履いているのでギアセレクターを四輪駆動にしておけば、まったく怖い思いをすることはないですね」Jeep®を運転するのは大智さんだけでなく、幸枝さんがステアリングを握ることも多い。というより大智さんは通勤でこのクルマを使っていないため、普段は幸枝さんのほうが運転する機会は多いのだとか。当初は大きいボディに戸惑っていたというが、「四角いボディなので四隅もわかりやすいし、運転してみると意外と乗りやすい。雪道にも強いし自分で運転してみてさらに好きになりました」とさっそく運転を楽しんでいる様子だ。

  • 鈴木さんの地元猪苗代は、磐梯山と猪苗代湖に囲まれた自然豊かな場所。雄大な磐梯山麓をJeep®で駆け抜ける

  • 奥様の幸枝さんもWrangler Unlimitedのステアリングを頻繁に握るという。すでに大きなボディにも慣れたと語る

  • 幸枝さんのドライブの腕もなかなかのもの。雄大な磐梯山を見ながら轍が見えないほどの雪道を進んでいく

  • いよいよ雪深い場所に分け入ってみることに。心配そうな幸枝さん。まずは歩いて偵察に行く

  • Jeep®を置いて徒歩で雪の深さをチェック。ふたりで手を取り合っても歩行が困難なほどの雪が積もっていた

本格的なスノードライブにチャレンジ。

大智さんの“Real Adventure”。それは地元福島県の雪山に分け入り、圧雪されていない雪道でJeep®の走破性を試すスノードライブにチャレンジすること。実はふたりが住む山形から福島へと帰省する際には、かなり雪深い道を走る必要がある。そこで限界を知る意味でも一度試してみたかったという。冬場はクルマがほとんど通行しないという山道に到着。ギアセレクターが四輪駆動になっていることを確認して、いざ雪の中へ!タイヤが半分以上埋まってしまうような雪の中をグイグイと進んでいく。想像以上の走破性に早くもニヤニヤが止まらない大智さん。助手席に座っていた幸枝さんも「Jeep®ってすごいですね」と驚きを隠せない様子だった。

「Jeep®にはね、男のロマンが詰まってるんですよ(笑)」

Jeep®を購入して、これまであまり縁がなかったキャンプをはじめとしたアウトドアにも積極的にチャレンジするようになったという鈴木さん。また今回のスノードライブを経験して、足回りのカスタムにも興味を持ち始めたようだ。「雪道での走破性は想像以上に高いことも判っていい経験になりました。それでも本当に深いとバンパーが雪にぶつかってしまうので、今後は2インチリフトアップを考えてもいいかな。そういうことを考えるのも楽しいですね。Jeep®にはね、男のロマンが詰まってるんですよ(笑)」実は幸枝さんはちょうど取材直前におめでたが発覚。近い将来、鈴木家のJeep®は、乗車人数が増えることになりそうだ。

  • 準備を整え、いざスノードライブに出発。雪が深い場所に入って行くと多少タイヤが空転するもグイグイ前へと進んで行く

  • 場所によってはタイヤが半分雪で埋まってしまうほどの積雪の中、Wrangler Unlimitedの走破性は驚くほど高いことが証明された

  • 普段からラゲッジスペースには遊び道具が満載。簡単なキャンプ道具のほか、分割のリアシートを片方だけ倒してスノーボードも常備

  • スノードライブを堪能したふたりは、コーヒーブレイク。大智さんお気に入りのミルで豆から淹れるコーヒーが身体を温める

  • 実は取材の直前に幸枝さんのおめでたが発覚。2018年中には家族が増えることとなるそうだ。鈴木家とJeep®の物語はまだ始まったばかり