宮城勇さん2017 Jeep® Renegade Desert Hawk

Jeep®のおかげで行動範囲もぐっと広がったし、
ドライブも快適なので出かけるのが楽しくなりました。

友人が乗り換えたRenegadeを見て購入を決意

2017年の3月に入籍、そのひと月後である4月に新生活のスタートのお供にRenegadeを購入した宮城さん夫妻。登山やキャンプなどアウトドアでの遊びが好きで、これまでは国産の4駆を数台乗り継いでくるなどゴツい車も好きだった宮城さんがJeep®へと乗り換えた理由は友人でもあり、偶然にも今回のフォトコンテストで入賞を果たし、撮影日に同じキャンプ場へ遊びにきた黒澤さんの影響が大きいという。
「ちょうど車を乗り換えようとしていろいろ探しているときに、Wranglerもいいなと思っていたんですが、は好きだけど普段使いを考えると大きすぎるなと思ったりして悩んでいたんですよ」
ちょうどその頃、友人でもある黒澤さんがRenegadeに乗り換えたのを見てピンと来たんだそう。
「でも、初めてのアメリカ車だしディーラーに行ったこともないので緊張したので最初は付いてきてもらいました(笑)。ただ、ディーラーに行ってみたら雰囲気も入りやすいし、スタッフの人たちも親切だったのですごくホッとしましたね。アフターケアやメンテのことでも相談できるので、それも購入のひとつのきっかけになったといえますね」

遊び心溢れるデザインだから乗るだけでもワクワクする。

実際に乗ってみた感想を伺ってみると、
「最近こういう四角い形の車ってあまりないので、まずは形がいいですよね。コンパクトなサイズなので街乗りでも乗りやすいし、いい意味で日本車に乗る感覚と全然変わらないですね。あとは、グリルやテールランプなどのルックスもそうだし、リアガラスのところにイエティのマークが入っていたり、ガソリンの給油口を開けるとクモのマークが入っていたりと遊び心がたくさんあるので、乗るだけでもワクワクするところもJeep®に乗ってよかったと思えるところですね」
また、宮城さんにとって純正オプションパーツが充実していて自分好みにカスタマイズできるところも大きな魅力なのだそう。
「これまで乗ってきた車もいろいろいじったりしていて、乗るクルマは純正では乗れない性格です。今回もディーラーの方にカスタムは大丈夫ですか? って聞いたら『大丈夫です』とのことだったので安心しました(笑)。今はタイヤとホイールを変えたり少しだけカスタマイズしています。日本よりもアメリカの方が個性的な純正パーツが充実しているので、リアキャリアなどアメリカから取り寄せてもらったものもあります。これからも少しずつ自分好みに仕上げていきたいです」

  • 夫婦揃ってキャンプが好きだそうで、登山に対応できる軽量スタイルから本格的な料理が楽しめるものまでキャンプギアも多数所有

  • 乗り心地はもちろん、遊び心溢れるデザインや内装など乗るだけでワクワクする雰囲気がまたJeep®の魅力と語る宮城さん

  • 自身も登山が趣味という奥様。「やっぱり友達とかに『カッコイイ車だね』って言われるのは嬉しいし、気に入っています」

  • RenegadeのなかでもDesert Hawkの2017年限定仕様のためボンネット中央には地図がデザイされたデカールが付く

  • ストレージボックスを使いながら収納スペースを効率的に利用。さらに足りない荷物はアメリカから取り寄せたという純正オプションのリアキャリア、ルーフキャリアを利用

  • パワーも十分なのでリアキャリア、ルーフキャリアに荷物を満載しても走りには全く問題ないそう。キャリアケースも車に合うものをチョイス

お互いの趣味である登山とキャンプがJeep®で融合。

宮城さん夫妻にとって日常の足として、遊びの道具として場所やシチュエーションを問わず活躍するJeep®だが、なかでもご夫婦の最大の楽しみとなっているのが「キャンプ」だそう。
「元々僕は学生時代からキャンプに行くのが好きでしたし、妻は登山が趣味だったので、一緒になってからはキャンプしながら登山というのが共通の趣味になりました。これまでもよく行っていましたが、Jeep®を手に入れてからというもの、休みが合えばほとんどどこかに出かけていますね」。先日も長野県の燕岳に出かけて、車中泊した後に登山を楽しみ、山でテント泊などもしてきたそう。
「登山とキャンプといっても、ふたりで荷物を持って登山して山の上でキャンプしながら星空を眺めたりという程度で、そんなにハードではありませんが、でも、Jeep®のおかげで行動範囲がぐっと広がったし、ドライブも快適なので出かけるのが楽しくなりました」
Jeep®を購入してからは何度も車中泊も体験済みだそう。ラインアップのなかでもコンパクトなサイズのRENEGADEだが、気になるその寝心地はというと、「全然快適に寝られますよ」だそう。

どこに行くにもJeep®と一緒だし、今では車も含めて家族です。

Jeep®のおかげで休日にキャンプに行く頻度も増えたという宮城さん夫妻。同じ趣味を楽しめる奥様にとっても、ご主人がお気に入りの車に乗っているのは嬉しいことだそう。「友達などに『この車カッコイイね』って言われるのはすごく嬉しいですね。これはあくまでもダンナの車ですから(笑)。いろいろこだわってますけど、何もしないよりはこだわりがある方が見ていても楽しい。今ではどこに行くにもJeep®と一緒なので、車も含めて家族って感じですね」。もはや単なる足や遊び道具という枠を超えて、家族の一員として愛されるJeep®とともに「キャンプ&登山」を楽しむ宮城さん夫妻。
「乗って楽しいだけでなく、せっかく高い走破性もあることですし普通の車ではいけないところも行ってみたいですし、これからも季節を問わず、様々な山やフィールドで遊んでいきたいですね」
そう話すようにJeep®と楽しむREAL ADVENTUREは今後ますます広がりを見せるに違いない。

  • 今回はキャンプ場でのオートキャンプスタイル。「とりあえず焚き火の準備がマストです」と宮城さん。慣れた手つきで薪を細かくしていく

  • 「登山に行く時はなるべくコンパクトなギアをチョイスします」という奥様。こちらも慣れた手つきで火を起こしていく

  • お互い写真を撮るのも好きで、でかけるといろんなところで写真を撮るという宮城さん夫妻

  • 現在同じRenegadeオーナーの黒澤さん夫妻(中央ふたり)とは、旧くからのキャンプ仲間で今でもよく一緒にキャンプに出かけるのだそう

  • キャンプの楽しみといえば料理。この日は鶏肉と野菜をダッチオーブンでグリルした一品がメインディッシュ

  • 偶然にも今回フォトコンテストで入賞した、友人夫妻の黒澤さん夫妻も合流してのディナータイム。2台のRenegadeも相まっていい雰囲気