有金淳さん2017 Jeep® Wrangler Unlimited Sport

田んぼのようなぬかるみも走れる走破性と
走っている姿が画になるのが魅力ですね。

乗り始めて6年、一切故障なしの質実剛健な1台。

ノーマルでも個性的な出で立ちのWranglerを、さらに自分好みにカスタムして楽しんでいる有金さん。24歳で初めてクルマを買って以来、ずっと四駆を乗り継いできたという生粋の四駆好き。
「学生時代に雪山でバイトをするほど、最初から四駆とかアウトドア系のクルマが好きでしたね。これまでもアメリカ車の四駆に乗っていたのですが、あまり調子がよくなくて買い換えたほうがいいなと探していた時に、憧れだったJeep®はどうかな、と思って探してみたんです」
四駆好きとしてはJeep®に憧れがあるものの、それまで「カッコいいけど高い」という印象が強く敬遠していた。しかし「中古でしたが、思ったよりも安くて状態も良かったので即決」したのだそう。乗り始めて6年経つが、これまでのクルマとは違い故障や不具合は一切なし。「’07年製の中古車でしたが、まったく問題ないですし、本当に質実剛健という感じですね」とベタ誉めだ。

自分好みにカスタムできるのもJeep®ならでは。

購入時はまた違ったカスタムが施されていたが、自分好みのスタイルへと変更したのだそう。
「もちろんノーマルでも完成されたスタイルだと思いますが、人とは同じクルマに乗りたくないというのもあって、これまでのクルマも何かしらイジってましたね。そういう点ではJeep®は他の四駆より純正パーツも充実していますし、子どもの頃に流行ったミニ四駆じゃないですけど、自分好みのスタイルに仕上げられるのもいいですね」というのも有金さん流のJeep®の楽しみ方だ。今の所、現在のスタイルで満足しているが、オークションサイトなどでパーツをチェックしては想像するのもまたひとつの楽しみだという。
「あまりハデな感じにはしたくないですが、いろいろやってみたいことはあります。キャンプとかも好きなので、いずれはリアキャリアをつけてみたりもしたいですね」

  • 未舗装路を走る前に愛車の状態を軽くチェック。「乗り始めて6年経ちますがまったく問題ないですね。以前のアメリカ車はよく壊れましたが、全然違いますね」

  • この日はドライブのついでに箱根某所にある林道も走行。これまでも四駆を数台乗り継いできたが、圧倒的な走破性に有金さんも大満足

  • 林道の途中で景色の良さそうな場所を求めて散策。誰もいない森の中で思い切り森林浴。こんなワイルドな景色を堪能できるのもJeep®のおかげ

  • Jeep®の走破性があるから辿り着けるワイルドな自然。その中で開放的になるふたり。思わずジャンプ!

  • 木漏れ日が射す森の中で自然を堪能する有金夫妻。遠くで鳴く鳥の姿を見つけた奥様の姿を見て笑顔になるご主人

イベントに参加することでコミュニティが広がった。

スタイルもお気に入りだが、有金さんがJeep®に乗り始めて驚いたのが「高い走破性」だそう。
「先日お世話になっている販売店が主催している走行会イベントがあって本格的なオフロードコースに行ってみたんです。ほぼ田んぼのようなぬかるみの道だったんですが、全然問題なかったです。正直ここまで走れるのかとビックリしましたね。ちょっとぐらいの雪ならそのままでいけます。これまでのクルマでも砂利道や未舗装路を走ることがありましたが、段違いの走破性だし、なにより走っている姿が画になりますね」
さらにオーナー同士の交流が盛んなのもJeep®に乗り始めて良かったことだという。「走行会やオーナーズミーティングもいろいろ開催されているのでそういうイベントに参加することでコミュニティが広がりましたね。これも今までのクルマではなかったことですね」
今ではイベントを通じて知り合った仲間と走りに行ったり情報交換したりなど、新たな楽しみも広がったという。

お出かけ先で景色にJeep®を入れて撮るのも楽しみ。

現在のWranglerに乗り始めて6年。音楽教室で講師を務める奥様と休みが合えば、あちこちドライブに出かけるのが楽しみだそう。ドライブコースにあえて林道などオフロードを入れることもしばしばあるとか。そしてドライブでの楽しみが“カフェ巡り”と“写真を撮る”ことだ。
「実は電車の写真を撮るのも好きな“撮り鉄”でもあるんですよ。なので出かけると出先の近くにある駅に寄って電車の写真を撮るのも好きですね。あとはJeep®に乗って出かけると、どこにいっても必ず景色にJeep®を入れて撮ります」
そんな有金夫婦にとっての“Real Adventure”は、まだ見ぬ景色を見に行くこと。走破性の高いJeep®だからこそ走れる道。そこを抜けた先に広がる景色を見れば、日常のささいな悩みも吹き飛ぶという。「ようやく自分らしいクルマに辿り着いたなという感じです。もう6年の付き合いになりますがまったく飽きることもないです。これからもこのJeep®とともにいろんな景色に出会っていきたいですね」

  • 悪路走破性だけでなく、高速巡航やカーブの多い山道でも安定した走りを見せるWrangler。「これもいい意味で予想を裏切る快適さがありますね」

  • 出先でのカフェ巡りは共通の趣味。この日は箱根登山鉄道早雲山駅前に常設されたキャンピングトレーラーの“CAFE Ryusenkei”でコーヒーブレイク

  • Wranglerのデカールの下には実家のカフェやふたりが好きなアウトドアブランドのステッカーをさりげなく追加

  • ふたりの仕事の休みがなかなか合わないので、出かけられるのは2カ月に一度程度だそうだが、タイミングが合うときはドライブデートに出かけるのがふたりの定番

  • ご主人の実家が営むカフェ&音楽教室で講師を務めるという奥様。富士山をバックに試奏する姿をパチリ