横瀬勉さん2015 Jeep® Grand Cherokee Laredo

  • 記録的な豪雪で高速道路の除雪も追いつかない中でさえもJeep®はスリップすることなく、しっかりと地面をとらえていく。まさに全天候型のクルマだ

  • 「お気に入りの温泉があるんです」と国道から脇道にそれていくと、そこは一面銀世界。1台がギリギリ通れるほどの橋も不安なく進む

  • ひとりでスキーに行く時は、ラゲッジスペースに板やウエアを数種類ずつ積んでおき、気分やコンディションに合わせて、その日使うギアを選ぶ

  • 斜面の下には苗場のホテルや横瀬さんが1室所有するマンションがある。この日は吹雪で視界が悪いが、晴れた時の眺めは最高で、お気に入りの風景なのだそう

  • 自分の時間が作れるようになり、小さいころから楽しんでいたスキー時間をさらに増やすようになった。スキースクールに参加したり、大会に出たりスキークラブの先輩後輩との海外スキーと、本気で趣味を楽しんでいる

予想外の荒天時も難なく進んでいく頼もしいクルマ。

夜の関越道を北上し、前橋インターチェンジを越えたあたりで、路面の積雪が本格的になっていった。滑るのが怖いのか、トロトロと走るクルマを横目に力強く走るのが、横瀬さんのGrand Cherokeeだ。目的地は新潟県苗場。7年ほど前にスキークラブの先輩から譲ってもらったスキー場前のマンションに日曜日の夜に泊まり、月曜日に丸1日スキーを楽しむ。そして翌日新潟県内の仕事場へ向かうのが横瀬さんの冬の週末の過ごし方なのだ。「毎週のように来ていますが、さすがにここまでの吹雪と積雪は初めてですね。先週来た時とは景色がまるで違う。Jeep®のお手並み拝見ですね(笑)」と余裕の表情を見せる横瀬さん。高速を降りて、峠道に入っていくと、雪はさらに激しくなっていくが、Jeep®はスリップしたり、雪に埋もれてスタックなんてこともない。真っ白になって中央線さえも見えない道路も難なく進んでいく。いつもよりも少しだけ時間をかけて苗場に到着。翌日の朝どれぐらい積もっているか、少し心配になりながらも、駐車場にJeep®を停めてその日は早めに休むことにした横瀬さんなのだった。

スキーを楽しむにはJeep®のスペックが不可欠だった。

案の定、夜の間にも雪は降り続け、Jeep®はすっかり雪の下。まずは雪下ろしから始め、エンジンをかけてフロントの視界を確保し、ゆっくりとアクセルを踏み込むだけで、雪が膝くらいまで積もった駐車場もすんなり脱出することができる。坂を下っていき、スキー場の駐車場に停め、スキーの準備をする。「天気や積雪具合、その日のコンディションに合わせて、板をチョイスしているんです。だから、スキーに行く時はJeep®の中に板を3セットは入れていきますね」友人たちと数人で行く時はキャリアを付けて出かけるそうだが、一人の時はスキー道具一式はリアシートを倒したラゲッジスペースに入れている。帰る時に雪がついたままでも防水のカーゴトレイを敷いているからラフに積んでいけるのだ。小さいころからスキーを始め、大学ではスキークラブに入って雪山で青春時代を過ごした横瀬さん。社会に出てバリバリと仕事をこなしている中で、時間をやりくりして卒業以来毎年スキーを続けてきた。独立し、経営コンサルタントとして企業をまわったり、大学で講師をするようになったことで、自分で予定を立てられる時間が増え、スキーの日数も増えてきた。この趣味にはパワフルな足が必要。そこで2年前、2駆のミニバンから本格4駆のJeep®に乗り換えたのだ。初の4駆に乗った感想は「山道も高速もかなり楽。安心感が全然違いますね。走るのが楽しくて、走行距離がどんどん増えていきます。年間2万キロも走ってますよ。仕事に行くためでもありますが、趣味のためにこのクルマを選んだのですが、正解でしたね」

  • 朝から夕方までスキーを楽しんで、駐車場へ戻るとJeep®は雪の下。それでも雪を軽く払えば、すぐに出発できる頼もしい相棒だ

  • 酒処である新潟へ仕事(どちらかというとスキーがメイン)に来ると、馴染みのちゃんこ屋で聞いた地元でしか手に入らない日本酒を購入していくことも多い

  • 週に一度、講師を務めている「国際大学」(TEL025-779-1111)の学生たちにもJeep®はカッコイイと大好評

  • 講義はディスカッション形式で行うことが多いという。企業経営や経営コンサルタントの経験を活かし、ビジネスシーンでの交渉術を教えている

  • 趣味を楽しむのはもちろんのこと、仕事で日本各地に出向くのにJeep®の走行性はもってこい。走ることが純粋に楽しく、知らないうちに走行距離がどんどん伸びていく

スキーを楽しんだら、地元のうまいものをいただく。

ターンの切れが良いという愛用の大回転競技用の板を持ちスキー場へ。吹雪はいまだ続いており、視界はあまりいいとは言えない。そのため動いているリフトはわずかで滑れるコースが限られてしまっている。それでも、できるだけ標高の高いところまで行き、一気に滑り下りる。スピードは出しすぎず、じっくり雪の感触を楽しんでいるようだ。リフトの営業が終わる直前までスキーを楽しみ、山を下りる。「本当はゴンドラを使って、他のスキー場に行ったりと、楽しみ方はたくさんあるんですが、今日はなかなか滑れない軽い新雪を滑れて楽しかったですね。自然の中でするスポーツなので、日によって楽しみ方が違うのがいいですね。満喫しました」 スキー道具をJeep®に詰め込んで、マンションに帰る。ひと寝入りしたら、徒歩で行けるお気に入りのちゃんこ屋へ。地元の食材で作った一品料理や日本海でとれる新鮮な刺身、ちゃんこ、そして新潟の地酒に舌鼓を打つ。スキーを楽しむのはもちろんだが、ここでうまいものにありつくのも苗場に通っているもうひとつの理由なのだという。

仕事と遊びが両立のためにJeep®は不可欠な存在。

翌日はこのドライブの本来の目的である仕事の日だ。苗場を後にし、Jeep®は60キロほど離れた南魚沼の「国際大学」を目指す。ここは日本で初めて学内の公用語を英語にした大学院大学で、世界中から留学生が訪れている。横瀬さんはここで講師として、アジアやアフリカ、ヨーロッパなどから来た学生に、ビジネスシーンでの交渉術を教えている。国際大学以外にも、全国の大学の講師や企業の社外取締役などを行っているなか、冬のシーズンは週に1回、火曜日の講義に合わせて新潟を訪れているのだ。「それぞれの国から志をもって集まってくる学生たちなので、すごく意欲がありますね。黒板を使って教えるというよりは、グループに分けてディスカッションするのが多いのですが、面白い意見がどんどん出てきてとても興味深いです。楽しい仕事をさせてもらっていますね」 そんな楽しい仕事と、趣味の両立。横瀬さんはJeep®を手に入れたことで、そんなライフスタイルを作り上げることができた。「仕事と趣味どっちが大事? と聞かれると、遊びの予定を組んでから仕事の予定を立てているので、若干趣味に偏っている気がしますが(笑)、楽しみながら仕事をした方が、その分真剣にできると思っています。このふたつを両立できているのは、まさにJeep®のおかげだと思っています。これからますます楽しんでいこうとおもっていますよ!」