佐藤崇さん2015 Jeep® Wrangler Unlimited Sport

  • リアウインドーとリアゲートを開放すれば、長さや高さのある荷物もラゲッジスペースに楽々収納できるJeep®。アウトドアなどいろいろな楽しみ方に貢献する。

  • パワフルなエンジンと機動性に優れる4WDで、坂の多い自宅周辺や悪天候の時にも安定した走りを見せるJeep® Wrangler Unlimited。

  • 愛用している自転車は2台目となるCANNONDALE CAAD10 BLACK INC。前輪を外せばサイクリングのウエアやヘルメットなどと一緒にラゲッジスペースに積み込める。

  • 3年前から始めたという趣味のサイクリング。以前はクルマに自転車を積み遠出をしてサイクリングを楽しんでいたので、Jeep®でもしていくつもり。

  • サイクリングの途中に景色の良い場所で休憩。自転車に出会う前はこれといった趣味がなかったというが、Jeep® Wrangler Unlimitedもある今、行動範囲が広がった。

小さな子供たちにも人気のカワイイJeep®

若い頃からクルマとドライブが大好きで、そのときに流行していた国産車や、外車をいろいろと乗り継いできたという佐藤さん。現在の愛車となっているのがJeep® Wrangler Unlimited Sportだ。鮮やかな純正のサンセットオレンジとブラックの2トーンペイントは、限定100台のスペシャルカラーだった。「買うなら変わった色にしたいなと思って。一番派手なのがオレンジだったのかな。Jeep®は男らしいクルマですけど、こういうカラーを選ぶことでかわいいクルマにもなるなと思いました」。購入時のラインナップの中で一番かっこよくひとめ惚れだったと語る。ウイークデイに毎日ハンドルを握っているのは妻の加奈子さんで、職場への通勤と子供を保育園へ送迎するのに活躍。Jeep®は、その愛らしいマスクとカタチで保育園の子供たちにも大人気なのだ。

ドライブ大好きな奥さんが選んだJeep®

「私がJeep®がいいって言ってたんですよね。もうかっこいいというだけで(笑)。形はゴツゴツしてるんですけど、ハードなだけじゃなくてスマートな感じもあるし。走っているのを見ていいなと思ってました」実は加奈子さんも大のドライブ好き。結婚する前は仕事が終わるとひとりマニュアルシフト車に乗って、夜中の長距離ドライブによく行っていた。大阪や仙台へ日帰りで行くのは当たり前で、5年かけて北海道を細かく巡っていたほど。そんなベテランドライバーである加奈子さんの、2年前の誕生日にJeep®は佐藤家の一員となった。週末は崇さんの運転でドライブに出かける。まだ遠くへは行っていないが、いつか以前住んでいたことのある長野など、Jeep®が本領を発揮する雪山のあるところへ行って、ドライブとスキーを存分に楽しんでみたいという。

  • 限定のスペシャルカラーであるサンセットオレンジ×ブラックの純正2トーンカラーは、アウトドアはもちろんアーバンな風景にもマッチしている。

  • 男らしさ溢れるJeep®だが、スペアタイヤカバーなど他にはない独特なディテールが子供たちに好印象。走っていると笑顔で手を振られたりすることもある。

  • Jeep®を運転しているとスピードよりもトルクで走るクルマなので、運転時の心に余裕が生まれ、ゆっくり走ろうかなっていう気分になる。

  • 他のクルマにはない、独特の操っている感じがするというJeep®のドライビング。高い位置にある運転席からの見晴らしも抜群だ。

力強い余裕の走りで都会の雪もなんのその。

初めてのアメリカ車ということもあり国産車や欧州車と異なるところも多く、当初は戸惑うこともあった。しかしながら、これまで乗ってきた中でも一番大きなサイズのシャシーに、パワフルなV型6気筒3604ccエンジンの組み合わせは新鮮で走ることが楽しい。「キーを回した瞬間からもう、車体が揺れるというか、震えるようなアメ車っぽい感じがしますね。低回転でも走れますし、運転していてすごく楽ですね。エンジンに余裕があるからぐいぐい坂も登ってくれるし、すごく楽しく走れますね。ガソリンもレギュラーが使えるようになっているのでそれも良かったです」 自宅は坂の多い地域にあるが、トルクフルなJeep®はものともしない。雪が降っときにも、坂で立ち往生するクルマを尻目に4輪駆動の威力を発揮。悪天候と滑る路面での安定した走りは大きな安心感を与えてくれた。

趣味のサイクリングを楽しむツールにもなるJeep®

クルマとドライブ以外にこれといって趣味がなかったという佐藤さん。彼が3年前から本気で打ち込んでいる趣味が、ロードバイクでのサイクリングだ。「今までずっと趣味らしい趣味がなかったんですよ。スキーはできる程度で毎年行くわけでもないし。何か趣味が欲しいと言っていたら、会社の同僚が自転車をやっていて。それで自分も始めました」。もうひとつ本気になれることは、2人の子供と遊ぶこと。1年前には7歳になる長男と2人で、自宅のある横浜市内から八景島まで往復70kmのサイクリングを敢行。1日がかりで2人とも見事に完走した。Jeep®を購入する前は、自転車をクルマに積んで遠征もしていた。だからいつか、自転車と装備一式をJeep®に積み込んで、どこか遠くの景色のきれいなところを再び一緒に走りたいと思っている。