小林賢一さん2014 Jeep® Compass Altitude Sport

  • 最初は奥さまの由紀さんが提案したシーグラス探し。今では長男の優斗くん(10歳)と愛らしい妹の愛友那ちゃん(6歳)も今では夢中

  • 曇りガラスのようなシーグラスは水に濡れるとキラキラと輝きを増す。ガラスの破片とは思えない、宝石のようなシーグラスが入った瓶は家族の宝物

  • 「いじるところは何もない。完璧な車です」と言いながらもステンシルでささやかなカスタマイズ。ジープのアイコンもカッティングでデコレーション

  • こんな素敵なサンセットを拝めるのも、ここに連れてきてくれたJeep® のおかげかも。子供たちも「Jeep®、ちょっとカッコいいかも」と喜んでいる

純正でオールブラック。このシャープさに惚れました。

「何よりも、このオールブラックのルックスに惚れました」。小林さんがそう溺愛する Jeep® Compassを購入したのは、2014年の夏のこと。どちらかといえばインドア志向だった小林さんがキャンプの楽しさに開眼、まわりを見渡せばカッコいいJeep®がずらりとテント脇に横づけされていることに気付く。その佇まいのカッコよさに影響を受けて、Jeep®オーナーを志した小林さん。偶然見つけた1台は、通常のメッキ部分をすべてブラックに塗られたAltitude Sport。ロゴもホイールも、エンブレムまでオールブラック。「カスタムではなく、純正でこの仕様があるというのがすごい。シャープなルックス、堪らないですね」。その圧倒的な存在感もあって、車をいじることが好きな小林さんも「何も手を加えることがない」と一切カスタムをせず、今もすべて純正のままだ。

隣にこいつ(Jeep® Compass Altitude)があるだけで、最高の物語になってくれる。

Jeep® Compassを手に入れてから、小林さん自身、行動範囲が広がっていくのを実感している。アウトドアに目覚めたあとも、つい外出することが面倒になってしまうことも多々あったという小林さんだが「Jeep® を手に入れたら、コイツに乗ってどこかへ行くということ自体にストーリーを見出せるようになったんです」と心境の変化を語る。「例えば普通にキャンプへ行くのと、Jeep® ジープに乗ってキャンプへ行くのとでは、意味合いが全然違ってくる。Jeep®は存在するだけで特別なストーリーが生まれるんです。親としては、それだけで満足感がありますね」。小林さんの家族旅行で育まれる物語の重要な役割を演じくれるJeep®。お子さんたちも「遊びに連れていってくれる回数が増えた」と大喜び。単なる思い出づくりじゃない。Jeep® そのものが、遠くまで出かけようというモチベーションとなってくれるのだ。

  • Jeep®やCompassのロゴまでブラックに染められたAltitude Sport。黒塗りの車体に夕日が照りかえして、憂いのある表情を魅せるJeep®

  • 発色の良い赤や紫のシーグラスはかなり希少。フレームスタンドやキャンドルスタンドをシーグラスでデコレーションする

  • アウトドアが大好きな小林さんは、ラゲッジスペースにローチェアとテーブルを常備する。広いスペースのある Compassだからできること

  • この日、小林さんの家族がやってきたのは、福井県の美浜町のダイヤ浜。夕暮れの静かな海岸線は、情緒があってJeep®ともマッチする

  • 砂浜をくまなく歩いて、シーグラスを探す子供たち。アルミケースにはこれまで集めた希少なシーグラスが思い出と共に詰まっている

福井県ダイヤ浜でシーグラス探し。季節外れの海岸はJeep®と共に。

この日、小林さん家族が来たのは、福井件美浜町にあるダイヤ浜。夏場は海水浴場として賑わう人気スポットだが、季節外れの海岸は人も疎らでどこか寂しげだ。それでも、この場所にくるのは理由がある。「シーグラスを探しに来たんです」という小林さんは、今まで収集してきたガラス瓶に入ったシーグラスを見せてくれる。シーグラスとは、海に打ち捨てられたガラスの破片が波によって角が丸くなり、キラキラとした宝石のような風合いとなったもの。左右の視界に優れ、小回りがきく Jeep® Compassの特性を活かして海まで数メートルの堤防ぎりぎりまで車を寄せれば、ドアを開けるや子供たちは一斉に海へと走りだす。それを見守る小林さん夫婦。黒塗りのJeep® Compass Altitudeは夕日が照り返して何とも美しい。隣にJeep® Compassがあるだけで、何か特別な経験をしているように思えてくる家族であった。

Jeep® に乗ると、ポジティブな気持ちを刺激してくれる。

Jeep® に乗ること、そしてシーグラスを探すこと。共通しているのは、自分たちで楽しさを見出していくようなポジティブな気持ちを刺激してくれること。今回も、普段は行くことはない北陸の冬の海岸までJeep®を走らせたことで、シーグラスという宝物を発見できた。「季節外れの海はゴミが放置されていて汚いんですけど、シーグラスはそんなところにこそ埋もれています。子供たちの思い出にもなるし、環境についての勉強にもなります。Jeep® Compassに導かれたおかげで、色々なことを教えてくれました」。沈む夕日を眺めながら、そう答えてくれた小林さんのMake it Realは、日常の中にあるちょっとした幸せ。「特別なことじゃなくていいんです。Jeep®さえあれば、素敵な時間が紡げるような気がする。子供たちを海で遊ばせておいて、僕ら大人はバーベキューをしながらしっとり夕暮れを満喫するのも贅沢でいいですね。そういえば今、 Jeep® Compassのオフ会を計画中です。こんな海辺でキャンプしたら楽しいだろうな」。

Real Owners

Real Owners トップへ