泉澤匠さん2014 Jeep® Grand Cherokee Laredo

  • Grand Cherokeeが牽引するのはドイツ社製の中型トレーラー。「欧州のトレーラーは軽量なんです。ただ重量のある北米製でもGrand Cherokeeなら牽引はできますね」

  • 泉澤さんがお住まいの北海道・新冠郡新冠町は、競馬の聖地でもある。放牧されたサラブレッドたちを横目にトレーラーを牽引するGrand Cherokee

  • トレーラーの下段にはアウトドアで使用するアイテムを収納。Grand Cherokeeのラゲッジスペースと合わせれば、たくさんの荷物を運ぶことができる

  • 中型のトレーラーは当然牽引免許が必要。左右の見切りがよいGrand Cherokeeであれば、こんなカーブでも運転しやすいのだとか

パワーと走破性を兼ねたGrand Cherokeeでトレーラーを牽引する。

アメリカさながらの広大な大地を誇る北海道には、キャンピングトレーラーがよく似合う。そんな中でも自走式ではなく、キャンピングトレーラーを牽引してキャンプを楽しむ人が稀にいる。「何を好き好んで引っ張るのかって思いますよね。これはもう、変態の領域だと思います」と語る泉澤さんもまた、牽引するトレーラーの魅力に引き込まれた1人。「自走車ではなく、トレーラーを牽引することしか選択肢はありませんでした。理屈じゃないですよね。もちろん維持費が自走式の方がかかるというのもありますし、車検代も自動車税も安いのも魅力。あと動力ありませんので、基本壊れるということがないのもいい」。そんな愛すべきトレーラーを牽引するのは、泉澤さんの愛車Jeep® Grand Cherokee。パワフルで走破性の高いGrand Cherokeeなら、中型のキャンピングトレーラーでも難なく牽引できる。

燃費も乗り心地もストレスなし。左右の見切りも良いから牽引もしやすい。

泉澤さんが所有するトレーラーは2代目。以前は、牽引免許のいらない小型トレーラーを牽引していたが、「やっぱり大きいのが欲しくなって」とドイツ社ハイマーのトレーラーを購入した。すると今まで使用していた車では牽引できなくなってくる。「そんなときに出会ったのが、このGrand Cherokeeでした。これは900キロしか走っていない試乗車。それを放出するタイミングで運よく購入できまして、晴れてジープオーナーになりました」。実は泉澤さん、昔はラリーカー好きの生粋の走り屋。1代目トレーラーを牽引していた時は、ベタベタに車高が低い車で牽引していたほど。「ただ、4輪駆動に憧れはありました。このGrand Cherokeeは昔ながらのJeep®のイメージと違って、乗り心地が最高に良かった。左右の見切りも良いから牽引もしやすい。北海道は起伏の激しい道も多いんですけど、峠越えするのもストレスなくトーイングしてくれる。リッター11キロ。牽引しても8キロで頑張ってくれます」。

  • オートキャンプ場では、奥様、娘のレイカちゃんと一緒に家族団らん。レイカちゃんもキャンプに出かけるのをいつも楽しみにしている

  • 夜になればコールマンのランタンの出番。明かりを灯せば、キャンプの雰囲気もぐっと盛り上がる

  • 牽引を切り離して、Jeep®だけで出かけることもある。路面が悪いときこそGrand Cherokeeの本領発揮。雨の日でも走破性が抜群によい

  • トレーラーと連結したテントがあれば、雨が降っても大丈夫。天気の良い日にはトレーラーからタープを広げてアウトドアを満喫

  • Grand Cherokeeとトレーラーを連結するヒッチボール。脇のカラビナは、補助牽引のため。欧州製トレーラー専用のもの。

キャンプ場では目立ちまくりのGrand Cherokee×キャンピングトレーラー。

そんな泉澤さんがこの日家族で出かけたのは、苫小牧のオートキャンプ場「オートリゾート苫小牧 アルテン」。「僕なんかは、似非キャンパーなんで(笑)」と言いながらも、誰よりもキャンピング道具を取りそろえる泉澤さん。ジープとトレーラーのダブルで荷物が収納できるというのが何より大きい。そしてこのキャンピングトレーラーは目立つことこの上ない。「ですね(笑)。下手なスーパーカーよりもよっぽど。特に子供たちの視線は熱く感じます」。北海道という土地柄、牽引式のトレーラーでキャンプへやってくる人は、思いのほか多い。Wranglerでトレーラーを牽引しているキャンパーにはたまに遭遇するそうだが、いまだ同じGrand Cherokeeで牽引している人は出会ったことがない。「それもGrand Cherokeeを選んだ理由のひとつですね。Grand Cherokeeは8速オートだし、Wranglerよりも乗り心地が良かったというのもあります。元走り屋としては(笑)」。

北海道は広い。泉澤家のトレーラーキャンプの旅は、まだまだ道半ば。

Grand Cherokeeでトレーラーを牽引するようになってから、キャンプに行く頻度が劇的に増えた。「今年は12~3回行きました。大抵2泊するので、トータル20泊以上はしていますね」という泉澤さん。オートキャンプ場が基本だが、釧路や稚内などにも足を延ばすこともある。道中の道の駅に停車して、キャンピングトレーラーの中で宿泊したことは良き思い出だ。「とはいえ、北海道は広いので、まだまだ行ったことのない土地がたくさんあるんです。家族のトレーラーキャンプの旅は、まだまだ道半ばです」という泉澤さんは、もうひとつ密かに思い描くMake it Realがある。「本州にも行ってみたいんですよね。でも、フェリー代だけでもべら棒な料金になるので、簡単じゃないですけどね」。Grand Cherokee×トレーラーで日本各地を巡るのは夢のある話。いつかどこかで、トレーラーを牽引しているGrand Cherokeeを見かけたら、その中には泉澤さんの家族がいるはずだ。

Real Owners

Real Owners トップへ