山本哲也さん2013 Grand Cherokee Summit®

  • 神奈川県三浦半島の某海岸にて。山本さんが独りで静かに時間を過ごすお気に入りの場所。ここでリフレッシュすることでまた日常に活力が生まれるとか

  • 本格的にソロキャンプすることもあれば、独りで海を眺めながらのコーヒーブレイクということも。アウトドアで淹れるコーヒーがまた美味

  • 毎週日曜日、横浜の大黒ふ頭近辺に集まるGrand Cherokeeオーナーのみなさん。この日は7台だったが、多い時は10数台になることもあるという

  • SNSを通じて知り合ったオーナーのみなさん。それぞれのカスタムや修理のことなど、Grand Cherokee話に華が咲く

  • 昼頃になると散会。出発してそれぞれがそれぞれの日曜日を楽しむ。「日曜日の朝の散歩って感じですね」

毎週日曜日、朝の散歩を楽しむGrand Cherokeeオーナーミーティング

 とある日曜日の朝。横浜・大黒ふ頭の一角に続々と集まるGrand Cherokee。いつの間にかその数は7台にまで増えた。
 この日は7台だったが、多い時には10数台集まることもあるとか。
「クルマ好きが集まるSNSを通じて知り合った仲間で、毎週日曜日の午前中に集まってます」
 そう説明してくれたのはメンバーの一人でもある山本哲也さん。
「特に走りに行くわけでもなく、どこに走りに行ったとか、海外から購入したパーツの具合がどうだったとか、こういう時はどうすればいいのかとか、お互いのカスタムのことやトラブルの相談をしてます」
 集まり出して約2年になるというこのミーティング。年齢や職業もバラバラだが、同じ車種に乗るJeep®仲間ということからか、雰囲気は非常に和やかで、あちこちから笑いが沸き起こる。
 そして、昼前には解散。それぞれがまたお互いの休日を楽しむために分かれて行く。「サラッとした感じでしょ?(笑) 日曜日の朝の散歩みたいな感じですよ」

知人のすすめで試乗したら、予想以上の乗り味に即購入を決意

 そんな山本さんがJeep®に出会ったのは2014年。それまではクーペやセダンに乗っていたが、知人の勧めもあってJeep®に乗り換えることになったという。
「1度試乗してみようかなと思って乗ってみたところ、足回りもしっかりしていたし、いい意味で“Jeep®らしからぬ”ラグジュアリーな乗り心地だったので、即購入を決意しました」
 以来、レジャーはもちろん、通勤の足としても活躍中だそう。
「生活は大きく変わりましたね。これまで乗って来たクルマとはまた違う種類だし、四駆のなかでもJeep®ってやっぱり特別というか、今までではこうしたミーティングに参加するということもありませんでしたから。“Jeep®オーナー”というだけで、新しい出会いも多いですしね。周りからも『Jeep®にしたんだ』と、話しかけられることも多くなったし、遊びに行く先や、遊びにいく時の気持ちも以前とは全然違いますね」

  • 3.6Lのエンジンは力強く、かつスムーズな走り。高速での静粛性も高級車並みだ

  • クルマが好きでこれまでにも10台近く乗り継いで来た山本さんだがGrand Cherokeeの走りには満足だという

  • 少々の悪路でも高い走破性を誇るだけに、普通のクルマが入れない所まで入れるのもJeep®の魅力

日常の喧噪を離れた秘密のスポットで独りゆっくりするのが至福の時間

 ミーティング散会後、この日、山本さんが向かったのは神奈川県横須賀市の某海岸。人も少ないうえに、ビーチ近くの芝生にクルマが停められる絶好のロケーションで、山本さんお気に入りのスポットのひとつだそう。
「家族で出かけるのももちろん大好きなんですけど、こうして、海を眺めながらひとりでゆっくりするのも好きなんです」
 愛車を停めたら、常に積んであるというキャンプ道具からコーヒーセットを取り出し、手際よくドリップしてから、ゆっくりと味わう。
「日常を忘れてゆっくりできると、気持ちが切り替わりますね。こういう場所を探すのも好きです。地図を見ながら、ここは入れそうだなという場所を見つけて探索したりしてます。Jeep®なら走破性も高いので多少冒険もできますから。こうした遊びもこれまでのクルマだったらできなかったし、新しい遊びの可能性を広げてくれた感じですね」

出会う人も、遊びの質もこれまでとは一変「Jeep®はやっぱり“特別なクルマ”です」

 さらに、この夏からは念願のソロキャンプデビューも果たしたそう。
「これまでも憧れてはいましたけど、なかなかタイミングがなくて。でも、Grand Cherokeeを買って、こうして日曜朝にミーティングに出かけることも増えたので、前日の夕方頃にどこか人がいなくていい場所にでかけてソロキャンプして、朝にミーティングに行って。そうすれば、昼過ぎに家に帰れるので家族団らんの時間も楽しめます。なので、今は少しずつソロキャンプ用のグッズを買い足して行ってる感じですね」
 日々、忙しく働くからこそ、都会の喧噪を離れて独り過ごす静かな時間が、たまった疲れを洗い流し、また、新たな気力を養う特別な時間となる。まさに山本さんにとっては、Jeep®が『自分自身に還る時間』をもたらしてくれるといっても過言ではない。
「出会う人も、遊びの質も大きく変えてくれたという意味でも、やっぱりJeep®は特別なクルマなんだと思います。どんな場所でも頼れる相棒となってくれるので、これからもコイツとは長く付き合って行きたいと思っています」

Real Owners

Real Owners トップへ