"The Real Music Show" Vol.1

2013.6.5 (WED) @Shibuya O-EAST
TOKYO No.1 SOUL SET / 田島貴男(ORIGINAL LOVE)/ ペトロールズ

TOKYO No.1 SOUL SET、田島貴男、ペトロ―ルズ!
Jeep®発の音楽イベントが大盛況のうちに終了

6月5日、Jeep®が主催する音楽イべント『Jeep® Presents "The Real Music Show" Vol.1』が渋谷O-EASTにて盛大に開催された。このイべントは「Jeep®にも音楽にも、すべてを乗り越えるチカラがある」というメッセージを核に、2012年よりJeep®が立ち上げた音楽プロジェクト<Real Music>の一環としておこなわれ、今後、年4回のシリーズ・イべントして開催されていく運びになっている。今回はその記念すべき第1回で、出演はTOKYO No.1 SOUL SET、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、ペトロールズの3組。大いに盛り上がったこの夜の模様を振り返ってみよう。

大歓声と共に、最初にステージに登場したのはペトロールズ。東京事変の2代目ギタリストとしても知られる浮雲こと長岡亮介を軸とした3ピース・バンドだ。ジャズ・ファンクやフュージョンなど洗練されたブラック・ミュージックのエッセンスを漂わせつつも、ヒップホップ的なビートもあり、またどこか無骨で男臭いロックのザラつきも併せ持った独創的なサウンドが会場にクリアに響き渡る。

そして田島貴男(ORIGINAL LOVE)だ。この日のパフォーマンスは、ギター一本の弾き語り……と聞いていたのだが、その実態は想像を遥かに超えるものだった。使用しているのはリゾネーター・ギター(円形の薄いアルミニウム製の共鳴板をブリッジの下に取り付けたアコギの一種)で、この魔法のようなギターを駆使し、全身でリズムを刻み、血肉が沸き踊るようなグルーヴを放出し、そして激熱なソウルをシャウトする。怒涛のカントリー・ブルース。鬼神のごときそのパフォーマンスは、もはや圧巻という他なく、聴く者すべてをディープなブルースの世界に誘った。

大歓声とともに最後にステージに登場したのはTOKYO No.1 SOUL SET。BIKKE、渡辺俊美、川辺ヒロシによる不動のトライアングルに、生ベースとパーカッションを加えた5人バンド編成だ。「hey hey spider」、「Rising Sun」、「Change my Mind」といった激アツなナンバーを立て続けにかまし、フロアの熱気は一気に高まる。「hey hey spider」や「Rising Sun」は、人生を旅のようなものとして喩えた独特のロマンティシズムがあり、Jeep®が打ち出している世界観とも何か共通するものが感じられる。さらに「Endless crow's cry」、「Inoccent Love」、「知らない夢」、「Bow & Arrow」、「Sunday」といった人気曲も披露。

View Report

Jeep® Wrangler Unlimited

1941年に軍用4輪駆動車として誕生したウィリスMBをルーツとするWrangler。武骨なデザインのDNAは今もなお受け継がれ、唯一無二のスタイルに仕上がっています。4ドアモデルのJeep® Wrangler Unlimitedは、存在感を増しただけでなく、実用性が大きく向上しました。